スポンサーサイト

Posted by on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K観光ホテル

Posted by on 14.2012 未分類 0 comments
K観光ホテル

行き先:京都府
訪問日:2012年5月6日
天気:曇り~雨



Necrosis



P1010791.jpg
心霊で有名な京都府の廃ホテルを訪れた。生憎の雨で外観が撮りづらい。


P1010792.jpg
思ったより大きいようで、心霊スポットということもありさっさと見てしまおうと足早になかへ。


P5061320.jpg
落書きなどが酷いことから地元の不良方も訪れるようだ。ここまで来るのに町から結構あったのだがわざわざここまでくるのだろうか・・・。


P5061321.jpg
残留物などない。なかは殺風景。


P5061323.jpg



P5061328.jpg
崩壊は進んでいる。針金があちらこちらで飛び出ていた。


P5061338.jpg


P5061339.jpg
階段があった場所は全て崩壊し、大きな穴になっていた。こんなところ夜に来たら危なくてしょうがない。
でも肝試しで来る人いるみたい・・・。


P5061340.jpg
真っ暗すぎて写真写りがよろしくない。


P5061341.jpg
もともと階段があった場所。上から下まで綺麗に吹き抜け状態。


P5061342.jpg
晴れていたらいい風景だったかもしれない。


P5061343.jpg



P5061344.jpg
ここが客室だったのだろうか。見る影もないけど(;・∀・)


P5061346.jpg



P5061351.jpg
襲撃のあとみたいに穴だらけ。


P5061352.jpg



P5061353.jpg
最上階へ。
最上階へ行く扉は封鎖されていて、窓の外を歩かなければいけないとか怖い記述を見たことがあるのですが、扉は開かれていました。


P5061354.jpg
屋上への階段。


P5061355.jpg



P5061356.jpg
窓の外は草木だらけ。
ホテルの景色としては微妙な気がするのだが、これが廃墟になった理由なのか。


P5061357.jpg
屋上へ。
屋上は荒らしようがないのか綺麗なままだった。


P5061359.jpg
きれいな景色だがイマイチ。


P5061360.jpg
足跡がめっちゃある・・・。
今日ではないけどつい最近誰かがきたようだ。


P5061363.jpg
下へ戻ってきた。


P5061366.jpg



P5061368.jpg
下からだれか上がってきたら怖い。


P5061369.jpg


P5061370.jpg
思ったより見る場所のない廃墟でした。


P5061371.jpg
いつまで存在し続けるかわからないが・・・もう来ることはないだろう。



Back
スポンサーサイト
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。