スポンサーサイト

Posted by on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたらせ渓谷鉄道廃線区間

Posted by on 10.2010 未分類 1 comments
わたらせ渓谷鉄道廃線区間

行き先:栃木県
訪問日:2010年2月20日
天気:晴れ

*鉱山施設は解体され、現存しておりません。



DSCN0963.jpg
丁度列車が来ていた。
この列車はホームに出入りが自由だったので、折角だし写真を撮りに行った。


DSCN0972.jpg
列車と別れ、反対方向へ。
線路は使われなくなって大分経っているようだ。
1987年までは使われていたようだが、その後は休止~廃線となってしまったらしい。


DSCN0975.jpg
建物の裏手をひっそりと通っている。


DSCN0976.jpg
狭い・・・。雪が融け始めて水溜りが多かった。


DSCN0977.jpg



DSCN0978.jpg
土砂崩れが。


DSCN0979.jpg
道路と交差するポイントへ。


DSCN0980.jpg
振り返って一枚。線路は行きと帰りで景色が違うのがいい。


DSCN1046.jpg
鳴ることはない踏み切り。


DSCN1048.jpg
遮断機もついてはいなかった。


DSCN0981.jpg
橋だ。


DSCN0982.jpg



DSCN0983.jpg
渡れるかなぁと思ったが、結構高い橋だった。
しかも鉄橋はいい具合に錆びている。
素直にやめておいた。


DSCN0985.jpg
歩道も通行禁止だ。


DSCN0987.jpg
ちょっと先に向こう側へ渡れる橋があったのでそこからアプローチ。
橋の下をレールが通っていた。


DSCN0990.jpg



DSCN0991.jpg
丁度さっきの橋を渡った逆側に出た。


DSCN0992.jpg



DSCN0993.jpg
線路に合流。


DSCN0994.jpg
草木の多い線路だ。



DSCN0995.jpg
中央を歩けということか。


DSCN0997.jpg
トンネルは出口の光が見えなかった。


DSCN0999.jpg
振り返って一枚。


DSCN1001.jpg
暗い・・・。出口が見えない・・・。


DSCN1003.jpg
やっとトンネルを抜けたら、綺麗な冬景色が再び広がった。


DSCN1004.jpg



DSCN1006.jpg
遠くに足尾銅山が見えてきた。


DSCN1008.jpg



DSCN1010.jpg



DSCN1011.jpg
しかし寒かった。2月の足尾は1時間も外に居ようものなら手の感覚がなくなりそうなくらい寒かった。


DSCN1012.jpg
次のトンネルだ。


DSCN1014.jpg
何か立っているな。


DSCN1015.jpg
こういうのが見れるのが廃線のいいところだ。


DSCN1019.jpg



DSCN1020.jpg
トンネルを抜けると。


DSCN1021.jpg
正面に足尾銅山が。


DSCN1022.jpg



DSCN1023.jpg
これはすごい。


DSCN1024.jpg
思わず足を止めて何枚も撮ってしまった。
ここからのシーンは結構有名かもしれない。


DSCN1025.jpg



DSCN1026.jpg
橋の横から下に降りれた。


DSCN1027.jpg
釣り橋があったが・・・渡れるようなものではなかった。


DSCN1028.jpg



DSCN1029.jpg



DSCN1030.jpg
駅の跡が見たかったがちょっと見えなかった。


DSCN1032.jpg
おまけで足尾銅山の外周を少し撮っておこう。


DSCN1034.jpg



DSCN1035.jpg



DSCN1036.jpg



DSCN1038.jpg



DSCN1039.jpg



DSCN1040.jpg



DSCN1042.jpg



Back

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.02.07 18:40 | | # [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。